2011年3月29日

  経済指標スケ ジュール

時刻 指標 前回 市場予想 注目度
06:45
NZ   2月貿易収支
0.11億NZドル
2.70億NZドル
08:30
  2月失業率 4.9%-4.9%
08:30
  2月有効求人倍率
0.61倍
0.62倍
15:00
  4月GFK消費者信頼感調査
6.05.8
17:30
  第4四半期経常収支
-96億ポンド
105億ポンド
17:30
  第4四半期GDP<確報値>(前期比) -0.6%-0.6%
17:30
  第4四半期GDP<確報値>(前年同期比)
1.5%1.5%
17:30
  2月消費者信用残高
-3億ポンド-1億ポンド
17:30
  2月マネーサプライM4(前年比)
-1.7%
-
21:00 南ア
  2月貿易収支
-49億ランド-15億ポンド
22:00
  1月S&Pケース・シラー住宅価格指数(前年比)
-2.38%-3.20%
23:00

  3月消費者信頼感指数
70.4
65.0


■注目したい経済指標

注目の◎は、22:00に発表される

米 1月S&Pケース・シラー住宅価格指数(前年比)です。

前回の米 12月S&Pケース・シラー住宅価格指数

では、

市場予想:-24.0%⇒結果:-2.38%

と市場予想に近い結果となり、

限定的な値動きとなっています。




■前日の相場予想

福島第1原発2号機の

タービン建屋のたまり水から、

高い放射線量が検出されたほか、

フランスに支援を要請するなど、

緊迫した状況は依然続いています。


が、市場では円高傾向とはなっておらず、

震災や原発事故による、

経済への深刻ダメージを懸念して、

円売りの流れと転換する可能性に、

十分に注意を払いたいです。



▼ドル/円では......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

阪神淡路大震災の際は、

三ヵ月間かけて、

リパトリエーションの動きが活発化し、

約20%もの円高となりました。


しかし

今回の東北地方太平洋沖地震では、

地震の被害に加えて、

放射能汚染や計画停電の影響もあり、

日本経済へのダメージはより深刻。


中立的なスタンスで、

一度様子をみたいです。



▼ユーロ/ドルでは......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

リビアでは、

多国籍軍の空爆支援により、

反政府軍が、西へ勢力拡大。

また

米・英・独・仏首脳は

リビアのカダフィ大統領は、

国を統治する正当性を失っており

退陣すべきとの見解で一致するなど、

内戦による混乱の長期化懸念がやや後退。


また本日は、

独・3月消費者物価指数 速報の発表を控えている他、

インフレに対する警戒感も強まっていますので、

基本的に買いスタンスで検討したいです。



▼ポンド/円では......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日は、英・経済指標は豊富ですが、

反応の強い指標はなく、

前日と同様、

130円台を方向感なく、

推移する展開が予想されます。


日本の深刻な景気悪化懸念による、

円安を警戒したいです。


2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
メルマガ購読・解除
 
Powered by Movable Type 5.01