2011年3月28日

  経済指標スケ ジュール

時刻 指標 前回 市場予想 注目度
21:30
  2月個人消費支出(前月比)
0.2%
0.5%
21:30   2月PCEコア・デフレータ(前年比) 0.8%0.9%
21:30   2月個人所得(前月比・年率)
1.0%
0.4%
23:00   2月中古住宅販売保留(前月比)
-2.8%0.7%


■注目したい経済指標

注目の◎は、23:00に発表される

米 2月中古住宅販売保留(前月比)です。

前回の米 1月中古住宅販売保留

では、

市場予想:-2.3%⇒結果:-2.8%

と市場予想を下振れ。

しかし、市場での反応は特になく、

限定的な値動きとなりました。





■前日の相場予想

先週末に

プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁が

金融緩和策からの撤退戦略

そして利上げの必要性について

コメントしたことで、

ドル買いムードとなっております。




▼ドル/円では......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここ数日、

リパトリエーション的な

円買いの大きな動きもなく、

協調介入への警戒感もあったため、

ドル円は81円半ばまで回復しています。


ただ福島原発事故の被害拡大の懸念は

依然続いており、

このまま順調に円安傾向が続くとは、

やや考えにくいか。

前日と同様、戻り売りスタンスで、

取引を考えたいです。



▼ユーロ/ドルでは......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本の福島原発事故を受けて、

独では、原発開発反対派の政党が

強く支持を受けるなど、

政局の不透明感も強まっています。


プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁の

タカ派的な発言からドル買いの流れと

なっていることもあり、

対ドルではユーロを買いにくい状況となっています。


ただユーロも来月の利上げへの期待感がありますので、

前日と同様、買いエントリーを狙っていたいです。



▼ポンド/円では......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先週金曜日は注目度の高い経済指標の

発表もなく、特に材料もなく、

他の通貨に流されやすい状況となっています。

また利上げ期待は残るものの、

不透明かつ、慎重な見方が大半。


積極的な取引は控えたいです。


2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
メルマガ購読・解除
 
Powered by Movable Type 5.01