2011年3月25日

  経済指標スケ ジュール

時刻 指標 前回 市場予想 注目度
08:30
  3月東京都区部消費者物価指数コア(除生鮮)(前年比)
-0.4%
-0.3%
08:30   2月全国消費者物価指数コア(除生鮮)(前年比) -0.2%-0.3%
08:50
  2月企業向けサービス価格指数(前年比)
-1.1%
-1.2%
16:00
  2月輸入物価指数(前月比)
-1.5%0.9%
18:00
  2月マネーサプライM3(前年比)
-1.5%1.7%
18:00   3月IFO景気動向指数
-111.2110.5
21:30
  第4四半期GDP<確報値>(前期比年率)
-2.8%3.0%
21:30
  第4四半期個人消費<確報値>(前期比年率) -4.1%4.1%
21:30
  第4四半期GDP価格指数<確報値>(前期比)
-0.5%0.4%
21:30
  第4四半期PCEコア・デフレータ<確報値>(前期比)
-68.268.0
22:55   3月ミシガン大学消費者信頼感指数<確報値>
-3.6%2.0%


■注目したい経済指標

注目の◎は、21:30に発表される

米 第4四半期GDP<確報値>(前期比年率)です。

前回の米 第4四半期GDP<改定値>

では、

市場予想:2.06⇒結果:2.18

と上方修正させるも、

同時刻に発表された経済指標が、

軟調な結果となり、

発表時ドル円では、

ドル売りが強い展開となっています。




■前日の相場予想

福島原発事故の規模は、

レベル6とチェルノブイリ原発事故の

一つ下の規模であることが判明。


IMFは大規模なリパトリの兆候はないと

していますが、

阪神淡路大地震の例もありますので、

用心は必要ですね。



▼ドル/円では......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日も81円手前での攻防が、

続きましたね。


福島の原発事故も依然、

緊張状態が続いていますが、


リパトリエーションの動きや

協調介入への警戒感も残っており、

持ち合い状態は続きそうです。


売りスタンス中心で、

細かく利益を狙いたいです。



▼ユーロ/ドルでは......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日、英 2月小売売上高指数が、

弱い結果だったことを受け、

対ポンドでユーロ買いが活発化。

対ドルでは一時1.42ドル台にまで、

上値を伸ばしています。


昨日もポルトガルの格下げが相次ぎ、

依然、欧州高債務国を中心とした信用不安が

続きますが、

本日も買いスタンス中心の取引としたいです。



▼ポンド/円では......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2月小売売上高指数が弱い結果となったことや、

前回の英中銀MPC金融政策委員会で利上げを

主張した3人の内の一人のデール理事が、

「英経済が弱い成長となれば、

利上げ主張を撤回する可能性がある」と発言したことも、

ポンド売りを誘発しました。


本日も軟調な推移が続きそうです。

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
メルマガ購読・解除
 
Powered by Movable Type 5.01