2011年3月23日

  経済指標スケ ジュール

時刻 指標 前回 市場予想 注目度
06:45
NZ   第4四半期経常収支
-17.70億NZドル
-22.00億NZドル
17:00 南ア
  2月消費者物価指数(前年比) 3.7%3.7%
18:30
  英中銀MPC議事録公表(3月9・10日分)
-
-
19:00
  1月鉱工業受注<季調済>(前月比)
2.1%1.0%
23:00   2月新築住宅販売件数(季調済・年率)
28.4万件29.0万件
23:00   2月新築住宅販売件数(前月比)
-12.6%2.1%
24:00   3月消費者信頼感指数<速報値>
-10.8-11.0


■注目したい経済指標

注目の◎は、23:00に発表される

米 2月新築住宅販売件数です。

前回の米 1月新築住宅販売件数

では、

市場予想を下振れする弱い結果となりました。


しかし中東・南アフリカの混乱を背景とし、

安全通貨のドルへ回避する動きが強まっていたこともあり、

市場での反応は限定的となりました。




■昨日の相場予想

昨日は、欧州高債務国の一つである

アイルランドの銀行が

債券利払いの見送りを計画しているとの噂が流れ、

欧州の信用不安が再びスポットを浴び、

シュタルクECB理事は、4月の利上げは確信できないものの

G7は日本が必要なら再び介入の用意があると発言など、

ユーロ中心の話題は豊富でした。


またリビアでは仏英米を中心とする多国籍軍が、

首都トリポリを空爆。


しかし、リビア政府軍は依然市民を攻撃するなど、

終戦への長期化の懸念や、不透明感は強いです。




▼ドル/円では......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日の介入の反応一服後は、

81.30-80.50のレンジで推移しています。


今後も協調介入への警戒感がサポートとなり、

一方的な円高とはなりにくいものの、

上値も限定的となりそうです。


今後も介入に十分警戒をしながら、

売りエントリーで、細かく利益を確定させたいです。



▼ユーロ/ドルでは......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

リビアの混乱が続いていることや、

欧州高債務国を中心とした、

信用不安がくすぶっていることもあり、

昨日、ユーロは対ドルで軟調な推移となっています。


ただ、4月利上げの期待感がありますので、

基本的には押し目買いを検討したいです。



▼ポンド/円では......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日の2月消費者物価指数が、

市場予想を上振れしたこともあり、

高まるインフレリスクから、

利上げへの期待感が強まっています。


また本日は、3月9・10日分の

英中銀MPC議事録公表が予定されており、

利上げ支持派が何人いるかにも、

ぜひ注目したいです。

ちなみに、英中銀金融政策委員会では、

3人が利上げ主張しています。

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
メルマガ購読・解除
 
Powered by Movable Type 5.01