2011年3月2日

  経済指標スケ ジュール

時刻 指標 前回 市場予想 注目度
08:50   2月マネタリーベース(前年比)
5.5
-
09:30   第4四半期GDP(前期比)
0.2%0.7%
09:30
  第4四半期GDP(前年同期比)
2.72.8
18:30   2月建設業PMI
53.752.8
19:00
 1月生産者物価指数(前年比) 5.35.7
22:15   2月ADP雇用統計(前月比)
18.717.5
22:30
  1月鉱工業製品価格指数(前月比)
0.7%0.6%
22:30
  1月原材料価格指数(前月比)
4.2%3.0%


■注目したい経済指標


注目の◎は、22:15に発表される

米 2月ADP雇用統計(前月比)です。

前回の米 1月ADP雇用統計(前月比)

では、市場予想を上振れ。

瞬間的には、

ドル円で30銭程上昇する値動きとなっています。


ちなみに、

市場予想:14.0万人 結果:18.7万人

との結果となっていますが、

本番の米・1月雇用統計では、

1月非農業部門雇用者数(前月比)
市場予想:14.0万人 結果:3.6万人

1月民間部門雇用者数(前月比)
市場予想:14.0万人 結果:5.0万人


高まる期待に対し、

大きく下振れしています。

■本日の相場予想

昨日行われたバーナンキFRB議長の会見では、

量的緩和について言及し、

6000億ドルの国債買い入れプログラムの規模を

縮小する可能性は少ないことを示唆。

その発言後、

ドルは対円で軟調な推移となっています。



ドル/円では......
~~~~~~~~~~~~~~~~

一度82円台へ上値トライするも、

押し戻される展開となった昨日。


バーナンキFRB議長の会見では、

「今後数四半期の雇用市場をめぐる

楽観的な見方を支える一定の根拠が見られる」

と語るなど、

本日発表される2月ADP雇用関連指標にも

期待がかかりますね。


結果次第では、

82円台に上値を伸ばす可能性はありそうです。

買いでエントリーポイントを摸索したいです。



ユーロ/ドルでは......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

リビアの内戦状態をはじめ、

北アフリカ・中東の混乱長期化懸念から、

安全通貨のスイスフラン・円・ドルへの

リスク回避の流れは、根強いです。

しかし昨日は、独・2月失業率が7.3%に

改善した他、

インフレ懸念、早期利上げ期待も残っているため、

一方的なユーロ売りとは、なりにくそうです。

対ドルでは、中立スタンスで臨機応変に対応したい。



ポンド/円では......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

北アフリカ・中東情勢の混乱から、

安全通貨へのリスク回避の動きが強まっています。

早期利上げのの期待感はあるものの、

一服しており、

積極的にポンドを買い込むには材料不足か。

本日は戻り売り中心で、利益を狙いたいです。

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
メルマガ購読・解除
 
Powered by Movable Type 5.01