2011年3月11日

  経済指標スケ ジュール

時刻 指標 前回 市場予想 注目度
11:00   2月鉱工業生産(前年比)
13.5%13.0%
11:00
 2月消費者物価指数(前年比)
4.9%4.8%
11:00   2月生産者物価指数(前年比)
6.6%7.0%
11:00   2月固定資産投資(前年比)
24.5%23.0%
11:00  2月小売売上高(前年比) 18.4%19.0%
11:00 NZ
 3月非居住者国債保有率 63.3人-
16:00
 2月消費者物価指数<確報値>(前年比) 2.0%2.0%
18:30
  2月生産者仕入価格指数(前月比)
1.7%1.5%
18:30   2月生産者出荷価格指数(前月比)
1.0%0.6%
18:30   2月生産者物価指数コア(前年比)
3.2%3.4%
21:00
  ECB月報公表
6920025000
21:00  2月失業率 7.8%7.7%
22:30  2月小売売上高(前月比) 0.3%1.0%
22:30
 2月小売売上高(除自動車)(前月比) 0.3%0.7%
23:55
  3月ミシガン大学消費者信頼感<速報値>
77.576.3
24:00   1月企業在庫(前月比)
0.8%0.8%


■注目したい経済指標

注目の◎は、22:30に発表される

米 2月小売売上高です。

前回の米 1月小売売上高

では、

市場予想を下振れ。

同時刻に発表された他の経済指標は

堅調な結果となったものの

対円では、軟調な推移となっています。


■昨日の相場予想

ムーディーズがギリシャに続き、

スペインも格付けを下げたことで、

ユーロの信用不安が再燃。

その格下げを受けて、

早期の利上げ、サイクルが期待されながらも、

ユーロは軟調な推移となっています。


また揺れる中東・北アフリカ。

世界最大の原油輸出国サウジアラビアでも、

反政府デモ隊と警察が衝突し、

警察が発砲して応戦したことで、

より混乱が深まった印象です。


▼ドル/円では......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

サウジアラビアでの

反政府デモ隊と警察の衝突を背景に

軟調だった原油価格が高騰。

ドル円では差ほど影響は

ありませんでしたが、

ムーディーズによるスペイン格下げを受けて

ユーロの信用不安が深まると、

ドル買いの動きが強まりました。

ただ83円台では、

押し戻されており、

82円半ばから、

後半での推移は中心となりそうです。

本日も戻り売りスタンスで臨みたい。



▼ユーロ/ドルでは......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スペインの格付けを

ムーディーズが、

Aa1からAa2に引き下げ。


ユーロの信用不安が強まったことから、

対ドルでは強く売られる展開と

なりました。


ただやはり目先の利上げへの期待感は高く、

下げ一服後の買いを狙いたいです。


▼ポンド/円では......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日の金融政策決定委員会では、

資産買い入れ規模、政策金利ともに据え置きが決定。

やや利上げ期待感が残っていたことや、

軟調なユーロの推移にもつられ、

対円では、133円前半にまで下落しました。


またサウジアラビアでも反政府デモ隊と警察が

衝突したとの報道を受けて、

安全通貨へのリスク回避の動きも強まっていることもあり、

売りでのエントリーを検討したいです。

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
メルマガ購読・解除
 
Powered by Movable Type 5.01