2011年2月23日

  経済指標スケ ジュール

時刻 指標 前回 市場予想 注目度
08:50
  1月企業向けサービス価格指数(前年比)
1.3-1.3
08:50   1月貿易収支(通関ベース)
7259493
08:50   1月貿易収支(通関ベース)<季調済>
70737120
17:15
  1月生産者輸入価格(前年比)
0.30.0
18:30
 英中銀MPC議事録公表(2月9・10日分) --
19:00
  12月鉱工業受注<季調済>(前月比)
2.1%-1.0%
24:00   1月中古住宅販売件数(季調済・年率)
528520
24:00   1月中古住宅販売件数(前月比)
12.3-1.5


■注目したい経済指標


本日注目の◎は、18:30に発表される

米 英 英中銀MPC議事録公表です。

前回の英 英中銀MPC議事録公表

では、

センタンス英中銀委員に加え、

ウィール委員も利上げを主張。

それにより、

早期利上げ観測から、

ポンド買いの勢いが強まりました。

今回も大注目です。





■本日の相場予想

リビアでは

デモ隊と治安部隊の衝突で多数の死者が出る

など、反政府デモが拡大。


地政学的リスクから、

安全通貨の円、ドル買いが集中しています。


また石油生産への影響も拡大し、

原油の供給に対する懸念が強まっており、

NY原油は、一時98ドルまで上昇しています。




ドル/円では......
~~~~~~~~~~~~~~~~

米・長期金利の低下を受けて、

ドル円では軟調な推移となりました。

中東・北アフリカの政情不安による、

リスク回避の動きでは、

円買いが優勢か。

本日は、売り中心の取引を考えたいです。



ユーロ/ドルでは......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日、メルシュ・ルクセンブルク中銀総裁の

発言により、

早期の利上げへの期待感が強まったことで、

中東・北アフリカの政情不安を背景とした

リスク回避の流れの中も

ユーロ買い戻しの流れとなりました。

とはいえ、

リビア情勢がさらに深刻となれば、

再度ユーロが売られる可能性も十分にあり、

慎重な取引を考えたいです。




ポンド/円では......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日は、

英中銀MPC議事録公表(2月9・10日分)があります。

前回は2010年6月から利上げを主張している

センタンス英中銀委員に加え、ウィール委員も

利上げを主張。

また一部では、

ビーン英中銀副総裁も利上げ支持したとの話題も

浮上しており、

利上げ期待が強まっています。

議事録公表で特に変わった内容が無い場合、

下値には十分警戒したいです。


2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
メルマガ購読・解除
 
Powered by Movable Type 5.01