2011年2月18日

  経済指標スケ ジュール

時刻 指標 前回 市場予想 注目度
16:00

  1月生産者物価指数(前年比)
5.3%5.1%
18:30
  1月小売売上高指数(前月比)
-0.8%0.5%
21:00   1月消費者物価指数(前年比)
2.4% 2.4 %
21:00
  1月消費者物価指数コア(前年比)
1.5 %1.5%


■注目したい経済指標


本日注目の◎は、18:30に発表される

英 1月小売売上高指数(前月比)です。

前回の英 12月小売売上高指数

では、

市場予想を下振れするも、

ユーロの信用不安後退や利上げ観測を背景とした、

ユーロ買い戻しの流れもあり、

下落幅は限定的となりました。




■本日の相場予想

本日は注目度の高い

米・経済指標の発表はありません。

バーナンキFRB議長など

影響力の強い要人の発言には、

十分気をつけたいですね。



ドル/円では......
~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日は特別材料もなく、

動意の薄い展開が終日

続きました。


ややドル売りが優勢といった印象です。


84円付近でのレジスタンス勢力は厚く、

上値は限定的と予想されますが、

積極的にドルが売られる理由も特にないです。

やはり本日も83円台をさまよう展開が予想されます。


83円前半では買い、

83円後半では売りと

両側から細かく利益を狙っていきたいです。


ユーロ/ドルでは......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日も

米長期金利の低下を受けて、

ユーロ買いが進みましたが、

しかし、

ECBによる利上げ期待の後退や

時期ECB総裁候補の不透明感もあり、

特別ユーロを買い進む理由はありません。

ただポンドの早期利上げ期待もあり、

対ドルでは、つられてユーロ買いが進む可能性のあります。


ポンド/円では......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

英中銀・金融で

常に利上げを主張してきた

センタンス委員が、

「利上げを遅らせることは、より急激な利上げが必要になる」

と発言していることもあり、

対ドル、ユーロでも、

ポンド買いが強い展開となっています。

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
メルマガ購読・解除
 
Powered by Movable Type 5.01