2011年2月17日

  経済指標スケ ジュール

時刻 指標 前回 市場予想 注目度
06:45
NZ   第4四半期生産者物価仕入指数(前期比)
0.7%-
06:45 NZ
  第4四半期生産者物価出荷指数(前期比)
1.2%-
14:00
  12月景気一致CI指数<確報値>
103.1 -
14:00  12月景気先行CI指数<確報値> 101.4-
18:00   12月経常収支<季調前>
-60億ユーロ-
18:00  12月経常収支<季調済> -112億ユーロ-
22:30
  12月卸売売上高(前月比)
1.2% 0.9%
22:30
  1月消費者物価指数(前年比)
1.5%1.6%
22:30
  1月消費者物価指数コア(除食品・エネ)(前年比)
0.8%0.9%
22:30   新規失業保険申請件数
38.30万件40.0万件
22:30  失業保険継続受給者数 388.8万人
389.5万人
24:00
  2月消費者信頼感指数<速報値>
-11.2 -11.0
24:00  1月景気先行指標総合指数(前月比) 1.0 %0.3%
24:00   2月フィラデルフィア連銀製造業景況指数
19.3
21.0


■注目したい経済指標

本日は米 経済指標が中心の一日と

なりそうです。

注目の◎は、22:30に発表される

米 1月消費者物価指数です。


前回の米 12月消費者物価指数

では、

市場予想⇒1.3%に対し、

結果1.5%となりましたが、

同時刻に発表されたその他の経済指標が

振るわず、発表後ドル円で軟調な

推移となりました。



■本日の相場予想

本日は、米経済指標に

注目が集まりそうです。




ドル/円では......
~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日も住宅関連の経済指標が、

市場予想を上振れするなど、

堅調の経済指標にドル買いがサポート

されています。

ただ84円付近の上値抵抗勢力は強いです。


本日も米経済指標の発表が多く、

それぞれ上振れ期待が掛かりますが、

84円台まで上値を伸ばすには、厳しいか。


83円前半から半ばで買いエントリーして、

細かい利益確定を狙いたいです。




ユーロ/ドルでは......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

米長期金利の低下を受けて、

ユーロ買いが進みましたが、

ECB利上げ観測後退や

時期ECB総裁候補の不透明感など、

不安もあり、ユーロが軟弱な展開は、

しばらく続きそうです。

戻り売りを狙いたいです。




ポンド/円では......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日のBOE四半期インフレレポートには、

早期の利上げ期待から注目が集まっていましたが、


金利がトレンドで推移すれば、

2年後の消費者物価指数が目標を上回る確率と、

下回る確率は概ね均衡。

また2011年半ばに4-5%まで上昇、

その後低下する見通しとするなど、

市場の早期利上げ期待を

一蹴する内容。


レポート発表時から、

ポンド売りが急激に進む流れとなりました。

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
メルマガ購読・解除
 
Powered by Movable Type 5.01