2011年1月28日

  経済指標スケ ジュール

時刻 指標 前回 市場予想 注目度
05:00

 12月有効求人倍率
0.57倍
0.58倍
08:50
 12月失業率
5.1%5.1%
08:50  1月東京都区部消費者物価指数コア(除生鮮)(前年比)
-0.4%-0.3%
09:01  12月全国消費者物価指数コア(除生鮮)(前年比)
-0.5%-0.5%
09:01
 日銀金融政策決定会合議事要旨公表(12月20・21日分) -
-
18:30

 12月マネーサプライM3(前年比) 1.9%1.9%
19:00

 1月KOF先行指数
2.102.05
22:30  第4四半期GDP<速報値>(前期比年率)
2.6%3.5%
22:30  第4四半期個人消費<速報値>(前期比年率)
2.4%4.0%
22:30  第4四半期GDP価格指数<速報値>(前期比) 2.1%1.6%
22:30  第4四半期PCEコア・デフレーター<速報値>(前期比) 0.5%0.4%
24:00
 1月ミシガン大学消費者信頼感指数<確報値> 72.773.3


■注目したい経済指標

本日注目の◎は22:30に発表される

米 第4四半期GDP<速報値>(前期比年率)です。

前回の米 第3四半期GDP<確報値>(前期比年率)

では、

市場予想を下振れする結果となり、

同時に発表された個人消費など経済指標も

弱い結果となったことで、

発表時ドル円では、瞬間的に15銭程

下落する展開となっています。

また本日は、23:55には、

1月ミシガン大学消費者信頼感指数の発表も

控えていますので、

チェックをお忘れなく。


■本日の相場予想

日本の財政赤字が来年度には1000兆円を

超える見通しとなったことで、

昨日はIMFから、早急な財政赤字削減の

要請があったほか、

S&Pが日本国債の格下げ。


財政悪化懸念がくすぶる

スペインよりも低い格付けが、

サプライズとなり、

急激に円安が進む展開となりました。


ただ、格付けはAA-で信用力に不安はなく、

その格付けによる影響も、

すでに落ち着いています。


ドル/円では......
~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本国債の格下げの影響もひと段落し、

利益確定の売りなど、

戻り売りが活発化しそうです。

基本的には売りスタンスで取引をしたい。

また本日発表の米・経済指標は、

それぞれ注目度が高いので、

その時間帯は、しっかりと結果をチェックして

取引を考えたいです。




ユーロ/ドルでは......
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日本国債格下げに加え、

ドルを積極的に買い込む理由もなし。

信用不安後退と、ECBの利上げ観測から

ユーロ買いの流れが、強まりそうです。

本日も買いスタンスを継続したいです。




ポンド/円
~~~~~~~~~~

S&Pにより、日本国債の格下げにより、

急激に円安が進みましたが、

景気後退感の強い英国・ポンドは、

対円ですでに軟調な推移となっております。

AIRAは、戻り売りでエントリー中。

現在も含み益を伸ばしています。

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
メルマガ購読・解除
 
Powered by Movable Type 5.01